心理カウンセラーの就職

独立する心理カウンセラーは少ないが、カウンセリングを生かせる職場は多く、就職の求人や募集情報も多い。就職先は病院や診療所、保健所や児童相談所、社会福祉法人などがメイン。

メニュー| 心理カウンセラーの就職

心理カウンセラーの就職


心理カウンセラーの就職


>>>心理カウンセラーになりたい方はこちら<<<


心理カウンセラーとしての経験を積んだ上で、独立してカウンセリングルームを開設するという方法ももちろんあるが、心理カウンセラーはまだ社会的な認知度が低く、独立開業している心理カウンセラーも少ないため、開業時には相当なリスクがあると言えるだろう。


しかし、心理カウンセラーとして独立していなくても、人と関わる職業には仕事の中でカウンセリングがつきもの。例えば、警察官は加害者の身の上の相談を受けたり、被害者の苦しみに直面することがあるだろうし、福祉施設の職員は毎日接する施設利用者との対話でカウンセリングが必要とされる。また、社内の対人関係を円滑にしたり、社員の能力開発の相談に応じるために、企業の人事担当者にカウンセリング能力が求められることもある。地域の生活相談を担当する公務員にもカウンセラーとしての仕事が求められる。


このように、独立してカウンセリング業務を行う心理カウンセラーはまだ少ないが、カウンセリングを仕事に生かせる職場はとても多く、就職の求人や募集情報も多いだろう。心理カウンセラーの就職先としては病院や診療所、保健所や児童相談所、社会福祉法人などがメインだが、その他にも教育機関や一般企業からの求人も少なくない。


教育現場や職場での人間関係のストレスや悩みなどを抱えている人の多い現代社会。そのため、カウンセリングの専門家を教育機関や職場に配置するため、心理カウンセラーを募集することは今や珍しいことではなくなっているのである。


>>>心理カウンセラーになりたい方はこちら<<<



[PR]NLP 資格 講座 無料 結婚相手診断 ホームヘルパー 2級 資格取得講座 FP技能士資格 通信講座 求人情報 無料転職相談会 育毛クリニック 資料 エステティシャン スクール 名古屋 山 リゾートバイト 求人 上海法人設立サポート