シャネル マトラッセの商品一覧

シャネル マトラッセのマトラッセとは、ダイヤ形の格子状に縫われたキルティング部分。型崩れを防ぎ、キズを目立たせないようにと考案されたマトラッセステッチは、画期的なデザイン。

メニュー| シャネル マトラッセの商品一覧

シャネル マトラッセの商品一覧


シャネル マトラッセの商品一覧


>>>シャネル マトラッセ商品一覧へ<<<


シャネル マトラッセ



マトラッセとは、ダイヤ形の格子状に縫われたキルティング部分を意味します。キルティングとは、模様を浮き出させる手芸の技法。型の型崩れを防ぎ、キズを目立たせないようにと考案されたマトラッセステッチは、装飾的役割と素材の堅牢性を向上させるという2面性を持つ画期的なデザインです。マトラッセステッチが施されたチェーンショルダーバッグは1929年の誕生から、今やシャネルの不動の定番となっています。チェーンの長さを調節すれば、両手が自由になるショルダーバッグになるという画期的アイディアに加え、マトラッセステッチによる堅牢性に加えて、機能性にも優れていることから瞬く間に人気になりました。



⇒シャネル マトラッセの商品一覧へ





シャネルの歴史



ココ・シャネル、本名ガブリエル・シャネル。彼女は1883年8月19日、フランス南西部ソーミュールの救済病院で生まれました。その後、孤児院で恵まれない時代を過ごしますが、そのときに築かれた自立の精神「自由」が彼女の生涯を通じての信条となります。



ココとは彼女の愛称で、お針子として孤児院を出た後、踊り子を志して田舎町のキャバレーで踊っていたころにつけられた愛称です。その後、ココ・シャネルは、英国の青年実業家と知り合い、彼のバックアップを得て、1910年パリのカンボン通り21番地に「シャネル・モード」なる帽子屋を開店。



ココ・シャネルの飾りのないシンプルな帽子は人気となり、店は大成功を収めました。第一次世界大戦が始まると、ココ・シャネルは南フランスの港町ドーヴィルに移り、パリから疎開してきた人向けに洋服を作り始めます。安いジャージ素材のシンプルで着心地がよく、むだのない服は大評判でした。「ハーパース・バザー」誌で取り上げられ、新時代のクチュリエ(オートクチュールのデザイナー)としての実力が認められたのです。



シャネルの斬新なアイデアは男の服装をヒントにしています。「どうして女は窮屈な服装に耐えなければならないのか」シャネルがずっと感じていたことでした。英国紳士服の仕立てや、素材の素晴らしさを女性の服に応用したのが有名なシャネルスーツです。ネイビーと白のマリンルックも水兵のユニホームがヒントになっています。これらシャネルの服作りに一貫している姿勢は、男に支配される女を徹底的に排除し、女のからだと心を解放しようとする新しい試みでした。



ココ・シャネルが87歳で永眠した後を引き継いだのは、カール・ラガーフェルドです。ファッション界きっての才人といわれる彼は、自分の名を冠したブランドをはじめ、フェンディやクロエのデザイナーとしても知られています。



シャネルのデザイナーとして、ココのポリシーである「古い価値観にとらわれない女性像」を守りつつ、新しいシャネルブランドを築きました。リッチなマダムの衣装という、それまでの固定観念を打ち破り、一気に若返らせたのも彼の手腕。今後のシャネルの行方がとても気になります。


>>>シャネル マトラッセ商品一覧へ<<<



[PR]絶景 露天風呂 温泉宿 未経験 人材派遣 スキルアップサポート 夏休み 牧場 アルバイト 香港法人 設立 申し込み マンパワージャパン 口コミ評価 中古バイク 買取 申し込み 香港 会社 メリット